2000本安打にわずかに届かなかった選手たち

プロ野球選手にとって、ひとつの目標になっている印象のある2000本安打という数字。

名球会がどのような組織であるかは置いておいて、この数字を目指したり、ひとつの区切りになっている印象があります。

この数字を達成してもらうために、チームや首脳陣も協力している印象すらあります。

ただ、そんな2000本安打という数字ですが、わずかに到達できずに引退した選手もいます。

そこで、2000本安打にわずかに届かなかった選手をまとめてみました。

2000本安打にわずかに届かず達成できなかった選手

選手名通算安打数現役期間
飯田 徳治19781947-1963
毒島 章一19771954-1971
小玉 明利19631954-1969
谷 佳知19281997-2015
井端 弘和19121998-2015
松永 浩美19041981-1997
真弓 明信18881973-1995
木俣 達彦18761964-1982
大村 直之18651994-2010
村田 修一18652003-2017
吉田 義男18641953-1969
山崎 武司18341989-2013

2022年時点でもっとも2000本安打に近い位置にいるのが、ジャイアンツの中島宏之選手。
残り本数はわずかになっていますが、無事に達成できるか注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました