ドラフト指名時に高齢だった選手

オリックスバファローズの2年目ピッチャーである阿部翔太選手。

この阿部翔太選手は、2020年ドラフト6位の選手で、指名時にはすでに28歳。
いわゆるオールドルーキーといえる選手になります。

そこで、これまでのプロ野球選手で入団時の年齢が高かった選手を調べてみました。

プロ野球 歴代ドラフト指名時の年齢順 一覧

年齢順指名時の年齢選手名指名年チーム名ポジション
130歳5ヶ月市村則紀1982年中日ドラゴンズ投手
229歳4ヶ月竹下慎太郎2000年横浜ベイスターズ投手
329歳1ヶ月山崎隆広2005年東北楽天ゴールデンイーグルス外野手
428歳11ヶ月阿部翔太2020年オリックスバファローズ投手
528歳11ヶ月草野大輔2005年東北楽天ゴールデンイーグルス内野手

市村則紀元選手は入団時にすでに30代。
1983年〜1988年まで5年間プレーしました。

果たして、今後、メジャーからの逆輸入のような形などで、この年齢を超えるルーキーは出てくるでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました